【NEWS】アルバム「NEWS」♡全曲徹底的に感想やレビューをご紹介します!

新生NEWSがつまった1枚

(出典:pixabayより)

2012年に4人体制になったNEWS。「いちごのないショートケーキ」などと揶揄されるなど悲しい出来事を乗り越えて新生NEWSの証として2013年に発売されたのが「NEWS」でした。

そんな4人の新たな1歩の象徴ともいえるCDアルバム「NEWS」について、特典や収録曲はもちろん、ファンの感想やレビューと共に徹底解説したいと思います。

まだ聞いた事のない方もこれを読めば聞きたくなること間違いないのではないでしょうか。

NEWS最新アルバムの情報はこちらから

CDアルバム「NEWS」の概要まとめ

・発売日

2013年7月17日(ジャニーズ・エンターテイメントより)

・ランキング

初週売上10.0万枚を記録し、ランキング1位を獲得しました。これにより、NEWSはファーストアルバム「touch」から連続アルバム首位の記録を6作に伸ばすこととなりました。これは発売当時史上4組目の記録でした。

・収録曲

シングルCDからは「チャンカパーナ」、「WORLD QUEST」(「FIFAクラブワールドカップ2012」オフィシャルソング)、「ポコポンペコーリャ」(加藤さん出演「花のズボラ飯」主題歌)の3曲が収録されました。

また、ワコールの「さら肌ブラ」のCMソングだった「渚のお姉サマー」が初めて収録されました。

「NEWS」の収録曲一覧

Disc1

1.compass

作詞:Ryohei Yamamoto

作曲・編曲:千葉純治

2.WORLD QUEST

作詞:MOZZA

作曲:ヒロイズム

編曲:吉岡たく・ヒロイズム

3.4+FAN(フォーファン)

作詞:JIN, take4

作曲・編曲:take4

4.渚のお姉サマー

作詞:Hacchin’ Maya・RYOKO.MIYAJIMA

作曲:ヒロイズム

編曲:CHOKKAKU

5.ポコポンペコーリャ

作詞:Hacchin’ Maya

作曲:ヒロイズム

編曲:CHOKKAKU

6.恋祭り

作詞・作曲:ko-ta・Hacchin’ Maya・Naoki-T・清水啓介

編曲:Naoki-T

7.Greedier 

作詞:MOZZA

作曲:Joakim Bjornberg・Christofer Erixon・Atsushi Shimada

編曲:中西亮輔

8.ベサメ・ムーチョ~狂おしいボレロ~ 

作詞:zopp

作曲:Douglas Shawe・Daddario・Paul Drew・Greig Watts・Pete Barringer

編曲:鈴木”Daichi”秀行

9.チャンカパーナ

作詞:Hacchin’ Maya

作曲:ヒロイズム

編曲:CHOKKAKU

10. Dance in the dark 

作詞:H.U.B.

作曲:Shusui・RAAY, MARJETKA VOVK・KRT

編曲:RAAY

11.HIGHER GROUND

作詞・作曲・編曲:ヒロイズム

12.フルスイング

作詞・作曲:ヒロイズム

編曲:亀田誠治

13. CRY(通常盤のみ収録)

作詞:MOZZA

作曲:MOZZA・鈴木雅也

編曲:鈴木雅也

Disc2(初回盤Bのみ)

1.Beautiful Rain (小山慶一郎ソロ曲)

作詞:小山慶一郎・SHOW

作曲:SHOW

2.Dreamcatcher (加藤シゲアキソロ曲)

作詞・作曲:加藤シゲアキ

編曲:中西亮輔

3.Remedy (増田貴久ソロ曲)

作詞・作曲:Ryohei Yamamoto

編曲:Suzuki

4.Lovin’U (手越祐也ソロ曲)

作詞:Satomi

作曲:大智・ 伊橋成哉・ 渡辺拓也

編曲:石塚知生

気になるアルバム「NEWS」の特典は?

「NEWS」は初回盤A・初回盤B・通常盤と3種類のタイプが発売されました。そしてそれぞれが異なるジャケットというだけでなく、異なる特典がついてきました。

初回盤A

  • BOX仕様
  • 16ページのブックレット
  • 「 LIFE OF NEWS APPROX. 97 min.」と題したDVD付き

初回盤B

  • BOX仕様
  • 32ページのブックレット
  • メンバーのソロ曲が収録されたCD付き

通常盤

  • 16ページのブックレット
  • ボーナストラック「CRY」収録

愛溢れる感想やレビューたち

compass

増田さんがプロデュースしたといわれるこの曲は、アルバムの始まりにふさわしい序曲となっています。「映画のオープニングみたい」・「これからライブが始まるワクワク感に似てる」といった声が多い、新生NEWS・始まりを期待させるような1曲となっています。

//platform.twitter.com/widgets.js

WORLD QUEST

手越さんが男性におすすめしたいNEWSの曲として挙げているこの曲はサッカーのオフィシャルソングという応援歌という立ち位置だけでなく、「4人になったNEWSだからこそ歌える歌詞」という声がとても多い曲でもあります。

また、「壁こじあけてミラクル起こせ」という手越さんのソロパートは聞いていて鳥肌が立つほどに聞きほれるファンも続出しているようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

4+FAN

「メンバー4人とファンを合わせてNEWS」という思いが込められて作られたのがこの曲。それだけあって歌詞に感動するファンは多くなっています。曲調は疾走感のある元気ソングとなっているため元気をもらえる曲としても人気の楽曲となっています。

//platform.twitter.com/widgets.js

渚のお姉サマー

「夏の定番ソングになってもいい」というファンもいるくらい夏らしさが全開に出た1曲ではないでしょうか。夏らしくさわやかに可愛らしくだけどちょっとエロいそんな歌詞が人気となっています。

//platform.twitter.com/widgets.js

ポコポンペコーリャ

NEWSの可愛さがギュっとつまった1曲となっています。歌詞においしそうな料理名がたくさん出てくるため、聞いているだけでお腹がすいてくるというファンが多い曲でもあります。

それに合わせて、ダンスも可愛い仕上がりになっているため「この曲のダンスが一番好き」というファンが続出した曲になっています。

//platform.twitter.com/widgets.js

恋祭り

手越さんが楽曲制作にかかわったとされているこの曲はタイトル通りお祭り感満載の男らしい1曲となっています。曲を聞いただけで、「タオルをぶんぶん振り回したくなる」なんてファンもいるくらいTHE 夏な曲ではないでしょうか。

また、そんなガンガン勢いのある曲調とは裏腹に切ない歌詞もこの曲の人気のポイントの1つとなっているようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

Greedier

夏の夜、大人な雰囲気を感じさせるミディアムバラードな1曲となっています。バラードだけあってメンバーの優しく甘い歌声に聞きほれるファンが続出しているようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

ベサメ・ムーチョ~狂おしいボレロ~

NEWSの「I・ZA・NA・I・ZU・KI」をイメージさせる曲として話題になったこの曲。曲の歌割が似ていたりするという声もありますが、なにより「大人なNEWSを感じさせる曲」として「エロい」という声が多い1曲でもあります。

//platform.twitter.com/widgets.js

チャンカパーナ

これはNEWSを代表する1曲といってもいいのではないかというくらい有名な曲ではないでしょうか。メンバーが「4人で活動するにあたって不安な部分もあったけれど、この曲が1位になったことで少し解消された」と発したこともあるくらいファンとメンバーにとって大切な1曲になっているのではないでしょうか。

//platform.twitter.com/widgets.js

Dance in the dark

「カッコよさ全開の曲」としてファンを惚れさせた1曲となっています。増田さんの低く男らしい歌い方に新たな魅力を感じたファンが少なくないようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

HIGHER GROUND

先ほどの「Dance in the dark」から打って変わって、さわやかさ全開のこの曲。NEWSらしい応援歌となっているため、励まされるファンが多い1曲になっているようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

フルスイング

「チャンカパーナ」とどちらをA面にするか悩んだというくらいNEWSを語る上では欠かせない1曲がこの曲です。歌詞が背中をおしてくれるだけでなく、当時のNEWSと重なって「この曲は何度聞いても泣ける」というくらい涙するファンが多い曲となっています。

//platform.twitter.com/widgets.js

CRY

ファンに寄り添ってくれているような優しさがつまった1曲となっています。「CRY」というタイトル通り、「聞くと涙する」という声が多い曲となっています。

//platform.twitter.com/widgets.js

Beautiful Rain (小山慶一郎ソロ曲)

小山さんの高音が綺麗に響き渡る1曲となっています。NEWS結成当初は歌が下手と揶揄されていましたが、それを感じさせない歌声に聞きほれるファンが多いようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

Dreamcatcher (加藤シゲアキソロ曲)

さすが加藤さんと言わしめる1曲となっているのがこの曲。NEWSファンならずとも虜にしてしまっているようです。

//platform.twitter.com/widgets.js

Remedy (増田貴久ソロ曲)

増田さんのかっこよさが最大限に引き出されているのではないかというくらいファンの間で「エロくて好き」という声が多い1曲となっています。

//platform.twitter.com/widgets.js

Lovin’U (手越祐也ソロ曲)

手越さんの歌唱力を持ってこそのこの曲というファンが多い1曲となっています。女性目線で書かれた歌詞ながら、手越さんの歌声がマッチしすぎて良いという声も多く見受けられます。

//platform.twitter.com/widgets.js

NEWSおすすめ記事はこちらから

4人になっても大活躍のNEWS

(出典:pixabayより

NEWSが4人になって再スタートの証ともいえるアルバム「NEWS」についてレビューや感想などを交え解説してきましたがいかがでしたでしょうか。気になる曲は見つかりましたか?

現在、ソロ曲が聞ける限定盤Bは入手が難しくなっていることが予想されますが、気になる方は是非探して聞いてみるとお気に入りの曲に出会えるかもしれませんね。

Source: ジャニーズコンサートマガジン ジャニーズ通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です