アラサーからのダイエット飯 第53回 ランチのお供にも最適! 白菜キノコたっぷり中華みそスープ

体を動かすことと食べることが大好きな料理人・キムケンさんが、市販されている普通の食材を使った、味も見た目も抜群なレシピを紹介する漫画連載「アラサーからのダイエット飯」。今回は寒い季節にぴったりの逸品です。

安価な食材でおいしいスープを

11月も後半に差しかかり、いよいよ本格的な寒さが続くようになりましたね。この時期になると、今まで買っていた野菜の値段が驚くほど高騰してびっくりした経験はありませんか?(水菜を買おうと思って300円台だったときには、さすがに買うのをやめてしまいました……)

その一方で「冬野菜の王様」といえば白菜! あんなに大きいのに驚きの安さで、冬の間の家計の強い味方になってくれます。そして、一年を通して値段が安定しているキノコとの相性もばっちりなので、お財布にも体にも優しい名コンビと言えるでしょう。

今回ご紹介するのは、そんな名コンビを使った体が温まるスープです。具は白菜とキノコ、卵だけですが、食べ応えがあってなおかつヘルシーという一品です。肌寒い朝にもぴったりで、スープジャーに入れればランチタイムでも活躍できます。ほっと温まりたいときにぜひどうぞ!

白菜キノコたっぷり中華みそスープ

簡単でヘルシーなスープは体にも財布にも優しいです

材料(2人分)

白菜 1/2枚 / ブナシメジ 1/2株 / 水 300cc / 卵 1個 / 刻みねぎ 適量

A(中華スープの素 小さじ1 / みそ 小さじ1 / 豆板醤 小さじ1/2)

つくり方

1.白菜は5mm幅に切り、ブナシメジは石づきをとってばらす。

2.鍋に水と1を入れて沸騰させ、弱火にして2分煮込んでからAを加える。

3.2を再び強火にして沸騰させたら溶いた卵を回し入れる。器に盛りつけてお好みで刻みねぎを加える。

白菜は5mm幅に切り、ブナシメジは石づきをとってばらす

鍋に水と白菜、ブナジメジを入れて沸騰させ、弱火にして2分煮込んでから中華スープの素などを加える

鍋を再び強火にして沸騰させたら溶いた卵を回し入れる

調理時のポイント

■卵を加えるときは強火で沸騰させた状態で入れると、汁が濁らず綺麗に仕上がります

筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ – ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。


Source: ダイエットニュース@まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です